よくある質問

■SEOのKFS(Key Factor for Success)

【SEOのKFS(Key Factor for Success:成功因子)】
先日、「検索キーワードは、どうやって決めればいいのですか?」というご質問を受けましたが、まさしくこれが“SEOのKFS”です。SEOを成功させる鍵をにぎっているのは、「キーワードの選定」なのです。

【キーワードの選定】
SEOの対象キーワード数は、多ければ多いほど良いです。目安として、SEOなら30ワード以上、リスティング広告なら200ワード以上をお奨めします。RSSリーダーやGoogleアラートで、最新キーワードを収集してください。

RSSリーダー:個々のWebサイトにアクセスしなくても、登録したWebサイトの「RSS(アールエスエス)フィード」の更新情報が一覧できるツール。
Googleアラート:指定した検索用語に新しい検索結果が見つかったときに、自動的にメールが送信されるシステム。

下図は、SEOの成功の鍵である「キーワードの選定」についてまとめたものです。

SEOのKFS(Key Factor for Success)

ポイント① 対象キーワードはできるだけ多く(最低30キーワード以上)
ポイント② 検索頻度だけでなく、ライバル数も確認する
ポイント③ 「思いつき度合い」も考慮に入れる

検索頻度はキーワードアドバイスツールで調べることができますが、“ライバル数”や“思いつき度合い”も考慮に入れながら検討し、“狙い目のキーワード”を探し出すことが成功への近道だと我々は考えております。


関連記事:
検索キーワードは、どうやって決めればいいのですか?
こちらのサイトでは最低30キーワード以上のSEO対策を推奨していますが、何故でしょうか。私の希望ワードは「健康食品」のみです。


質問リストに戻る


お問い合わせ

03-5649-4141

宣伝ジョーズ株式会社
営業時間:平日10時~19時

  • SEOとは
  • SEOツール特徴
  • オンラインデモ FLASHファイル520KB
  • ご利用料金
  • スパムポリシー
  • 会社概要
  • SEO成功事例
  • お奨めリンク

RSS
RSSリーダー等でご利用ください。ほとんどのRSSリーダーでは上記オレンジのアイコンをドラッグ&ドロップするだけで購読可能です。トラッキング用途として FeedBunerロゴを利用しています。

カラーセラピーオブジャパンのファウンダーでもあり、消費者に与えるカラーの訴求力を追求されていまる中山司氏が、売上げに繋がるカラーに関して書籍を出版されました。Webデザイナー、ECサイトオーナーさんは是非ご一読ください。Amazonのページからご購入頂けます。