よくある質問

■Yahoo!SEO対策として

現在のところ、弊社SEOツール「レッツSEO」は、GoogleよりもYSTのほうが若干ながら相性が良い状況です。一例ですが、ユーザーのwww.maka.co.jpさんでは、「マカ」と検索した場合、Googleでは3位ですが、Yahoo!では1位です。

YSTの大きな特徴のひとつとして、複数ページを同時に上位表示することが可能であることが挙げられます。上位表示を目指す目的は、ライバルサイトよりもクリック率を高める為である、ということに異存はないと思いますが、その目的達成の為に、複数ページ表示は非常に有効です。

純粋な検索順位(オーガニック検索)には、1-10位のポジションがあります。Googleでは、同一ドメインは最大2ページまでしか連続して掲載されません。しかしながら、YSTでは、上限なしで複数ページ表示が可能です。


複合表示の例

複数ページ表示対策としては、複合語検索(and検索)を含む、なるべくたくさんのキーワードの最適化をお奨めします。少なくとも、30キーワードは対策するようにしてください。


関連トピック:
最低30キーワード以上のSEO対策を推奨
複数ページ表示とは何でしょうか?


質問リストに戻る


お問い合わせ

03-5649-4141

宣伝ジョーズ株式会社
営業時間:平日10時~19時

  • SEOとは
  • SEOツール特徴
  • オンラインデモ FLASHファイル520KB
  • ご利用料金
  • スパムポリシー
  • 会社概要
  • SEO成功事例
  • お奨めリンク

RSS
RSSリーダー等でご利用ください。ほとんどのRSSリーダーでは上記オレンジのアイコンをドラッグ&ドロップするだけで購読可能です。トラッキング用途として FeedBunerロゴを利用しています。

カラーセラピーオブジャパンのファウンダーでもあり、消費者に与えるカラーの訴求力を追求されていまる中山司氏が、売上げに繋がるカラーに関して書籍を出版されました。Webデザイナー、ECサイトオーナーさんは是非ご一読ください。Amazonのページからご購入頂けます。